独学で勉強するのはちと厳しい

社会保険労務士の国家試験に合格するために必要な標準勉強時間は
約800時間~1,200時間と言われてる。
最低時間の800時間を1年の365日で割ると
1日当たり2.19時間だけど、この勉強時間だけで合格できる人は
非常にレアケースだよ。じゃあ1,200時間ではどうか?というと
これも単純計算すると
1年間1日も休まずに毎日3.28時間ってことになる。
会社で働く人が、平日に1日も欠かすことなく毎日3.28時間勉強するって
もんのすごい大変なことだよ。
だから結局、平日は少なめにして、土日などの休日に長い勉強時間を
確保するってのが現実的。

しかも、全くのシロウトが勉強する場合、
どの科目の、どのようなテキストを選んで、どういう具合に勉強を進めて行けばいいのかも最初は見当もつかない…。
しかも選んだ参考書がトホホだったら、効率悪いことこの上なし…。

規則正しい学習習慣をきっちりと自分に課して、しかも独学で
一発合格できちゃうなんていう人は、
おそらく予備校へ行かずに東大に合格できる人
に匹敵すると思う。イヤほんとにそうだよ。
つまり、そういう人は最初から勉強する方法がわかっていて、
持ち前の集中力が発揮できて、効率よく身につけられる人なんだよ。

せっかく資格を目指して勉強を始めても、その間に
リストラや左遷をくらったり、はたまた会社が傾いちゃったら
意味ないでしょ?やはり本気で資格目指すなら1年でも早く合格したいもんね。

ちなみに私は、独学じゃ絶対ムリって思っていたから
通信講座のフォーサイトで勉強した。
3年もかかっちゃったけど、
フォーサイトだったから3年で合格できたんだと思ってる。
DVDの解説がわかりやすくて、テキストもわかりやすかったし
ここの教材ならきっと早い人は1年で合格できるんじゃないかしら。
私が3年もかかったのは、自己管理能力に欠けていたからだ。
この3年は自分にとって、社会保険労務士の知識と一緒に
規則正しい学習習慣を身につけるために必要な日々だったんだと思う。