視聴覚教材を繰返し見る効果ってすごく大きい!

『見たこともない専門用語は、聞いて憶えるんだ!話の流れの中で憶えるんだ!』
フォーサイトの講義DVDで勉強始めたばかりのころ、
私にはそんな悟りが開けて、がぜん勇気が湧いてきたよ。
フルカラーテキストは情報量が少ないけれど、その内容をさらに覚えやすくしてくれるのが視聴覚教材だと思う。

■加藤先生といつも一緒!
フォーサイトの社会保険労務士の講師は、加藤光大先生って言います。
メガネはかけているけど、どちらかと言えば草食系のさっぱりタイプね。
加藤先生は、先生ぶってないところがすっごく好感が持てる。
講義に威圧感がなくて、それでいて単調な感じもない。一言で言って「聞きやすい講義」なんですー。

そんな加藤先生が全科目を教えてくれるのが、私にはよかった。
いつも先生と二人で勉強しているみたいで、孤独感が全然ないのね。
『今日は勉強する気がしない』って日でも、とりあえず加藤先生に会いに行くと(DVDを付けると)、
不思議とヤル気が湧いてくることが多かったと思う。

■「講義は繰り返して見る」が、いま時の常識。
視聴覚教材は印象に残りやすいのが大きな特長だよ。
思い出しやすいという点では、フルカラーテキスト以上だと思う。
だってところどころにBGMも入っている映像なんだもの。
加藤先生は余談のような面白話しの中にも、さりげなく覚えておいた方がプラスになる情報を挟み込んでくる。
教え方が上手いっていうか、やっぱり優しい人なんだと思う。

さて、ここで重要な問題を考えてみよう。
それは教室の講義で教わったことを、講師が思い浮かぶような、
講師の声が聞こえてくるような具体的なイメージで、
どれだけ思い出せるかということ。たとえば90分50回の授業を受けたとして、
どれだけその場の様子が浮かんでくるとあなたは思う?

たぶん、場面々々がチラッと浮かんでくるだけで、殆んど思い出せないと思う。
だってどの講義も1回しか受けていないし、疲れとかであまり集中できない日もあったはずだから。

そうなのです。繰り返せるなら、
講義は何回でも繰り返して見たり聞いたりできた方がいいに決まっているのです。
なので、いまはどちらかというと資格の学校より通信講座流行っていうわけですけどね。
映像を繰り返して見る勉強法は、今日最強の学習法です。