社会保険労務士の年収

と、まあここまで資格合格のためのノウハウを色々と書いてきたけど
本音を言っちゃえば、この資格を取って年収はどう変わるか?
てことなんじゃない?

もちろんそれは、勤務社会保険労務士として働くのか、
はたまた独立開業するのかでかなり違ってくる。

ちなみに平成20年の男性の社会保険労務士の平均月収は41.8万円だそうで、
それをベースに推定した平均年収は約603.8万円ということ。
ただ、これは勤務社会保険労務士なので、つまりは
普通のサラリーマンの平均年収と大差ないのではないかしら?
役職についているのか、いないのかで違うはずだし、
かなーりアバウトな数字だよなぁコレ。

企業によっては社会保険労務士を持っていることで「資格手当」がもらえる
という恵まれた環境で働いている人もいるけれど、
一流企業なんかだと<資格は持っていてあたりまえ!>
とされる会社もあるわけで、
勤務社会保険労務士は資格を持っているからといって、
極端に年収が上がるとは言い難いかもね。
有利になる点を上げるとするならば
●社内もしくは職場での足場が固まる(リストラ回避)
というのが一番のメリット。その次は
●人事、総務部門であれば他社への転職や就職が有利
といった感じ。だから、(これは私のイメージなんだけど)
社会保険労務士の資格取得は攻めの資格ではなく守りの資格
とも言えるかな。

独立開業する場合は、ほんとに才覚次第。
個人を相手にしているだけだと、
サラリーマンやOLの収入の方が良いくらいかも…。
でも、企業を顧客につけることができるなら、
もちろんビッグに稼ぐことは充分に可能。
でも、それってかなりのビジネスセンスが必要なわけで
それができるんなら、資格なんかなくたって他のビジネスでも
成功できるんじゃないのかねぇ?
独立開業を目指すなら、私は社会保険労務士より
行政書士の資格を取った方が絶対によいはず!

私が学んだフォーサイトの通信講座には行政書士の講座もあったから
(もちろん合格率は全国でNO.1)、もし興味があれば
サイトを覗いてみてはいかが?