勉強スケジュールサンプル例

社会保険労務士の本試験は例年
8月の第4日曜日もしくは第5日曜日に行われる。
結果がわかるのは11月の上旬。
試験時間は
選択式試験が80分。択一式試験が3時間30分
二つの試験の間には約1時間の休憩時間がある。
だから試験当日は午前から夕方まで長丁場。
終わった後に清々しい気持ちになれるか、ぐったりとした抜け殻になるかは
その人次第!!悔いのない手応えを感じるためにも
長期的な勉強計画が必要だ。

ゴールが遠くにあるからって、やみくもに手当たり次第に勉強していても
効率的とは言えないし、なにより精神的につらい…。

資格取得を思い立ったら、まず学習すべき科目全体に
ざっと目を通し、今日から試験本番までの日数をざっくりと把握すべし。

試験までに1年あるならば、3ヵ月ずつ4つのパートに分けみて。

第一パート 基礎知識の理解と暗記(復習重視)
第二パート 基礎知識の理解と暗記(復習重視)
第三パート 基礎知識の理解と暗記(復習重視)
第四パート 過去問10年分制覇→法改正部分の仕込み→模試→最終復習

第一パートから第三パートまではひたすら
基礎知識の理解と暗記、チェックテストや練習問題を繰り返して
知識の定着を図ること!
科目は9科目ありますからひとつのパート(3ヵ月)内で3科目
といった具合に、進度の目安にしてもいいかも。

そして、最後の第四パートはいわゆる追い込み期。
過去問制覇&法改正部分の確認を中心に、復習を兼ねた
最終仕上げの時期。でも模試は1回くらい受けておけば充分かな。
それより過去問のやり直し、解き直しの方が大事と心得よ!

不安だからといって、他の参考書や問題集に手を出さず
今まで使ってきた同じテキストと問題集を信じて、それをやり倒してね!