試験科目について

社会保険労務士の試験科目と出題数(いずれも平成21年)は
以下のようになってます。

<科目> <出題数>
労働基準法及び労働安全衛生法 選択式1問 択一式10問
労働者災害補償保険法 選択式(3科目で)1問 択一式7問
労働者災害補償保険法 選択式 ↑   択一式7問
雇用保険法 3科目で1問  択一式7問
労働保険の保険料の微収等に関する法律 ↓   択一式6問
労務管理その他の労働に関する一般常識 選択式1問  択一式5問
社会保険に関する一般常識 選択式1問  択一式5問
健康保険法 選択式1問  択一式10問
厚生年金保険法 選択式1問  択一式10問
国民年金法 選択式1問  択一式10問
合   計 選択式8問 択一式70問

この選択式と択一式の違いなんだけど
選択式の問題って言うのは、たくさんある選択肢の中から答えを選んで
問題文の空欄の穴埋めをしていく形式。

択一式っていうのはいくつかの文章の中から、
正解を1つ選んで答えるという形式。

いずれも、入試問題なんかによくあるマークシート形式だから、
答え方はさほどとまどうことはないと思う。

ただ、それぞれの科目ごとに最低合格点が決められているので
ある科目だけすごーくできても、ある科目が最低合格点に届かなかったら
合格できないの。けっこうキビシイ…。
だから勉強するときはすべての科目をまんべんなく勉強しないといけない。
大学入試みたいに苦手な科目を捨てて他の科目で挽回するってのが
できないわけね。

そして、もう一つ大切なポイント!
それは、社会保険労務士の試験科目である法律は
頻繁に改正が行われるってこと。
しかも、この改正点に関する問題が頻繁に出題されるんだよね。
だからテキストは常に最新のものを使わなくちゃいけないし
改正されたポイントがどこなのかを把握しておかないといけない。

それって独学じゃやっぱり相当困難だと思わない?